M.S.Gオプションパーツコトブキヤ

【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカ

このコンテンツには広告サービス、アフィリエイト、プロモーションが含まれている場合があります。

 

今回はコトブキヤM.S.Gシリーズからウェポンユニット18 フリースタイル・バズーカのレビューです。

【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカのTOPの画像01
ウェポンユニット18 フリースタイル・バズーカ
シリーズM.S.G モデリングサポートグッズ
発売日2023年06月
価格880円(税10%込)
メーカーコトブキヤ
公式サイト(製品情報)ウェポンユニット18 フリースタイル・バズーカ
項目別評価
作りやすさ5.0
造形4.0
ギミック3.5
付属品2.5
塗装のしやすさ2.5

※評価は掲載時点のものです。今後、変動する場合があります。
簡易評価・まとめ

・造形が細部までしっかり作り込まれており他のキットのバズーカと比べても遜色ない仕上がり。

・持ち手が可動式になっていて腕を曲げたポージングでもパーツの干渉が出ないようになっている。

・砲身部分を上下に差し替えることで見た目を変えることができる。

・色分けがないため、サンプルを再現するには部分塗装が必要。

・ハンドパーツが分解できない30MSなどとは相性が悪い。

・保持力が弱いキットやポージングによっては武器が垂れ下がる場合がある。

箱(パッケージ)

【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカの箱(パッケージ)の画像01
【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカの箱(パッケージ)の画像02
【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカの箱(パッケージ)の画像03

ランナー

【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカのランナーの画像01
【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカのランナーの画像02

ランナーは合計2つ。
素材はPSです。

内容物・付属品

【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカの内容物・付属品の画像01

付属品は
・フリースタイルバズーカ×1
・マウント用パーツ×1
です。

マウント用パーツは持ち手パーツと差し替えることで背中や腰など3mmの軸穴にマウントが可能です。

【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカの内容物・付属品の画像02
【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカの内容物・付属品の画像03

サイズ・重量

【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカのサイズ・重量の画像01
【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカのサイズ・重量の画像02

全長は13cmで重量は約11gです。

13〜20cmキット付属のバズーカに比べ倍くらいの重量があるので、
保持力の弱いキットやポージングによっては武器が垂れ下がる場合があります。

【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカのサイズ・重量の画像03

バーゼラルド(約14cm)などの低身長タイプのキットには、ちょっとサイズが大きすぎるかもしれません。

他キットのバズーカとの比較

【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカの他キットのバズーカとの比較の画像01

造形も細部までしっかり作り込まれているので他キットのバズーカと比べてもチープ差は感じません。

M.S.G フリースタイル・バズーカ 360°View

  

360°Viewの案内の画像01
画像を「ドラッグ」または「スワイプ」することで画像の角度を変更できます。

先端には軸穴がないため、3mm軸のエフェクトパーツなどは取り付けができません。

ギミック

【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカのギミックの画像01

持ち手は可動式になっているので、腕を伸ばしたり曲げたりした状態でもポージング時にパーツ同士の干渉が起きにくいようになっています。

【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカのギミックの画像02

砲身の部分は上下を逆に交換することができ、見た目を変えることもできます。

【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカのギミックの画像03
【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカのギミックの画像04

砲身は色分けがされてないのでサンプルを再現するためには部分塗装が必要になります。

また砲身部分は一体成形になっているので塗装する際は少し面倒かもしれません。

他キットとの互換性

コトブキヤ系のほとんどのキットには無加工で持たせることが出来ますが、
ハンドパーツが分解できないPS素材の30MSなどとは相性が悪いです。

【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカの他キットとの互換性の画像01

30MSシリーズなどに持たせたい場合は
① 不要なランナーを用意。
② 持ち手の長さ程度にランナーをカット。
③ バズーカのグリップ(持ち手部分)を取り外す。
④ カットしたランナーを軸穴に差し込む。

【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカの他キットとの互換性の画像02

ランナーは丸い形状のため完全に固定することはできませんが、パーツを交換せずに30MSなどにも持たせることも可能です。

しっかりと保持したい場合は、ランナーを加工またはコトブキヤのFAGやメガミデバイスなどの腕パーツを使用するといった方法もあります。

ギャラリー(使用例)


・一部別売りのパーツを使用しています。
・バンダイスピリッツ系のキットに使用する場合は加工や別売りのハンドパーツが必要になります。

フレームアームズ・ガール

【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカのギャラリー(使用例)の画像01

メガミデバイス

【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカのギャラリー(使用例)の画像02
【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカのギャラリー(使用例)の画像03

30MS

【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカのギャラリー(使用例)の画像04
【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカのギャラリー(使用例)の画像05

30MM

【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカのギャラリー(使用例)の画像06

ガンプラ

【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカのギャラリー(使用例)の画像07
【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカのギャラリー(使用例)の画像08

その他

【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカのギャラリー(使用例)の画像09
【レビュー】M.S.G フリースタイル・バズーカのギャラリー(使用例)の画像10

まとめ

良かったところ
パーツ数も少なくシンプルな作りですが、造形は細部までしっかり作り込まれており、
他キットのバズーカと比べても遜色のない仕上がりです。

また持ち手が可動式なので関節を曲げた状態でもパーツ干渉が起きにくい作りになっています。

気になったところ
色分けがなく一色成形なのでサンプルを再現するには部分塗装が必要です。
ただ武装の色分けが少ない30MMシリーズとは相性がいいかもしれません。

また価格改定で価格(880円)が上がっているため、
30MMシリーズのオプションパーツセットなどと比べたら少し割高に感じるかもしれません。


M.S.G モデリングサポートグッズ
ウェポンユニット18
フリースタイル・バズーカ
価格 : 880
発売月 : 2023年06月
メーカー : コトブキヤ
Amazon
楽天
Yahoo
駿河屋
あみあみ